« まるで勇気づけるかのようにゲストに歩み寄り | トップページ | 気持ちだけゆっくり言いましょうか。 »

2010年1月20日 (水)

ぴったりと収まるように収録できると

 私や住吉美紀さんが補足して説明することもある。ゲストの方は、「うまく言えるかなあ」と仰ったり、「ちょっと考えさせてくださいね」とタイムを取ることもある。

 そのようにして、もう一度「プロフェッショナルとは」の質問をする準備ができる。ディレクターがいったん再びスタジオの暗がりに引き下がる。山口佐知子さんが、「それでは、茂木さんの質問から」と言う。私が、「改めておうかがいいたします。****さんにとって、プロフェッショナルとは、どのような人でしょうか?」と伺う。

 ゲストの方が答えている間、話がしやすいようにと、住吉美紀さんが聞きながらうなづく仕草をすることもある。 そのような住吉美紀さんの心づかいを視野の横の方で感じながら、私はまっすぐにゲストの顔を見て、その言葉を受け止める。自分が、相手の言葉を大きく響かせる楽器になるように心がけながら。

 苦労を重ねながら、ようやくのこと「プロフェッショナルとは」のコメントがぴったりと収まるように収録できると、スタジオの中にいる全員の間に、安堵の空気が流れるのだった。

|

« まるで勇気づけるかのようにゲストに歩み寄り | トップページ | 気持ちだけゆっくり言いましょうか。 »

コメント

茂木健一郎さま おはようございます。今朝は思っているよりも、冷たい風の吹く朝でした。先生はゆっくりとお休みを取れる日をお過ごしになることがあるのでしょうか?.. いつも、プロフェッショナルにお迎えになるゲストの方と、まっすぐに向き合う先生の視線に、拝見している私まで緊張していることがあります。昨日の放送では、先生の真剣な視線の中には、心で会釈しながら、言葉を投げかける茂木先生のお姿に、あらためて尊敬の思いを感じながら拝見しておりました。これからも、プロフェッショナルの番組を心から応援していきたいと思っております。

投稿: とう華 | 2010年1月20日 (水) 08時39分


初めまして,になるのかなぁ~?

ずっと,日記を読ませて貰っているし,書籍も読ませて頂いているし,当然ながら,TVもだからかはじめてのきがしない.
本当に,本年の1/14日からのこちらに日記を読んで,つくづくというか改めて感じました.「貴方はスゴイ!」
住吉さんもスゴイ!

周辺の人々もスゴイ!「脳が変わる生き方」を今読んでます.木村氏もスゴイ!

そんな皆さんに一度お会いして話がしたいものです.受けるばかりでなく・・・.しかし,そんなタイミングは,きっと,神が「よっし!」と判断されるまでは,来ないものなのだろうと,最近思う.逆に,『言い頃合いだ!』と判断されれば,そんな偶然に遭うのでしょう.ここの神とは,世の中の流れですが....
私は,以前NHKで放送された大河の(「龍馬が行く」時代が合わないので,「勝海舟」かのエンディングかなにかで,龍馬が亡くなった時のナレーションで,「時代が必要としたときに,時代はその人を世に出し,その人が役目を果たしたときに時代はその人を連れて逝く」だったかそんな言葉が未だに,脳の中に残っています.

まさにその通りだと思うことが多い意今日この頃です.

是非お会いできる日を夢見て・・・.

投稿: りゅうてん | 2010年1月20日 (水) 13時29分

こんばんは 茂木サン 。私も何度か たくさんの人の前で 話した事があります。
その時に感じたのは、よく話を聞いてくれるお客様がいると、
リラックス して、 落ち着いて話しやすいのです。

茂木サンも すみきちサンも その事が分かっていらっしゃるので、大きくうなづいたり、
笑顔で お話を、 出演者を 受け止めているのですね。

心強いですね。
その安心感によって 流儀のコメントが 生まれる 。

投稿: サラリン | 2010年1月20日 (水) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぴったりと収まるように収録できると:

« まるで勇気づけるかのようにゲストに歩み寄り | トップページ | 気持ちだけゆっくり言いましょうか。 »