« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

コーチは真実を伝える

ぼくは実はオリンピックが大好きで、
1984のロサンジェルスの時は
まだ学生で暇だったから毎日のように
見ていた。

スポーツ好きの根は深い。

子どもの頃、『巨人の星』が大好きで、
投球練習をしていた。

勉強よりも、スポーツに情熱を注いで
いたというのがボクの幼少期の実態である。

ゲストに、水泳コーチの平井伯昌さんが
いらっしゃる。

北島康介選手が小学校1年の時から、
平井さんがコーチをしている
スイミングスクールに通ったという仲。

その頃の北島選手は特に目立つ存在ではなく、
ただ、一回、平井さんがパーマをかけている
ときに、頭を指して「かぼちゃ!」
と言ったのが記憶に残っている
だけだという。

中学校の時、試合の際の北島選手の
目つきにはっとした。

「こいつと一緒に、オリンピックに行きたい」
と思った。

「あいつはね、本番になると、野獣のように
なるんですよ。それまで普通なのに、突然
スイッチが入ったように、がーっと
気合いが入って、近寄りがたいオーラを
出すようになるんですよ。逆に、
ずっと緊張していて、本番になるとヘナヘナって
なってしまうやつはたくさんいるんですけどね」
と平井さん。

あまりにも気合いが入るために、
故障をしてもすぐには痛みに気付かないことが
あるのだという。

「だから、康介の場合、泳いだ直後よりも、
翌朝が何か異常がないか、要注意なんですよ。」

「アスリートに、どうやって限界を超えさせるか」
という質問に、平井さんは、「限界というものは
人間がつくっているものだ」と答えた。

「世界新記録を出すと、みんな凄いと思って、
それ以上のことはできないように思ってしまうけれ
ども、よく解析してみると必ず不満足なところが
あるんですよ。だから、それを修正すれば必ず
超えることができる。限界とは、多くの場合
心理的なものなのです。」

アスリートはつい目の前の状況に没入して
かっとなってしまうが、「その一歩前を歩く」
のがコーチの役割であると平井さん。

 背泳ぎで銅メダルをとった中村礼子選手
に対するメンタル面のケアなど、
「その一歩前を歩く」平井さんの
お仕事ぶりは、見事なものだった。

「とにかく、正直であることが大切です」
と平井さん。

「調子が悪いときは悪いとはっきり言う。
常に真実を伝えることが、アスリートとの
信頼関係を築きます。」

コーチは、アスリートに真実を告げる役割。

もしそうだとすれば、私たち一人ひとりに
コーチのような存在が必要なはずだ。

平井伯昌さんが出演される
『プロフェッショナル 仕事の流儀』
は74分拡大版。

放送は2008年9月2日(火)10時〜
お楽しみに!

http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html

すみきち&スタッフブログ


| | コメント (2) | トラックバック (5)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »