« その逸脱が | トップページ | 自分の中の植物 »

2007年4月20日 (金)

そのような「インテグリティ」があって

エルピーダの坂本幸雄さんがゲストで
いらっしゃる。

1980年代、日本は「半導体王国」
と言われ、高いシェアを誇ったが、
90年代になって韓国のサムスンなどに
シェアを奪われた。

そんな中、政府主導で設立されたのが
エルピーダ・メモリ。
しかし、赤字続きで、坂本さんが
「ピンチ・ヒッター」として招請された。
見事に経営を立て直し、
今再び世界一の座をねらおうとしている
坂本さんの経営哲学は、大変注目されている。

坂本さんは体育大学を出て、テキサス・
インストラメンツの倉庫係から出発
したという異色の経歴。

驚いたのは、ノートだった。
一目見て、大変密度の濃い思考の跡がそこに
あることがわかる。

固有名詞や数字が並んでいる。
「私にしかわからないでしょうね」
と坂本さん。

坂本さんの脳の中の思考運動が、
そのような記号列を吐き出す。
しかし、余人には何のことかわからない。
坂本さんのノートが、その高度な
集中思考の何よりの証言者になっている。

坂本さんの会社では、会議は週一回一時間
しか行わず、その時に重要な案件を次々と
決定していく。
なぜそのようなことができるかと言えば、
あらかじめ必要な情報を脳の中にインプット
しておくからである。

会議に出て、それからプレゼンを受けて
理解し、判断するのでは遅い。

出席するときは、いわば、必要な準備は
全て済んでいる状態なのであり、
その上で、自らの判断を皆の前で示す
のである。

坂本さんは、自分の会社や、半導体市況に
ついての細かい数値をことごとく把握
している。
いわば、脳の中で情報を濃密に凝縮して、
その上で必要な決定を下していく。

情報がネット上にあふれるようになった
現代社会における「罠」を逃れる秘訣が
ここにあるのではないか。
情報が散在しているだけでは、それが
濃縮して統合された時にだけ起こる
創発的プロセスが生まれない。

一度は、生身の自分の脳の中に、生きた
イマージュとしてそれをたたき込む必要があるの
である。

インターネットのような情報ネットワークは、
うまく使えば、脳の中に大変濃密な「情報の
ジュース」を沁み渡らせることができる
ポテンシャルを秘めている。

坂本さんは、自らが全てに
直接向き合う「ハンズ・オン」の
アプローチを通して、高度な集中的思考と
行動を実現している。

最後に、「ビジネスでお金を儲けるということと、
人間としての生き方はどのように関係すると
思いますか?」と伺うと、
「必要なのはインテグリティです」
と断言された。

不正なことはしない、ずるいこともしない、
社員や顧客の満足のために、身を粉にして
働く。
そのような「インテグリティ」があって、
初めて経済活動というものは価値を持つと
坂本さんは言われる。

坂本さんは、土光敏夫さんを思わせる
気骨のある経済人であった。

今週はスケジュールが詰まっており、
収録後、「仕事術スペシャル」の打ち合わせが
あった。

モニターからVTRが流れる中、
「体重100キロを切る!」
宣言をした須藤ユーリさんが、ナレーターの
代わりになってコメントを読み上げる。
となりで、河瀬大作デスクが、「須藤くん、そこ
はだね」などとツッコミを入れる。

住吉美紀さんが、ゲストの仕事の現場を訪れて
再取材したVTRは大変面白く、
ぐいぐい引き込まれる。

『仕事術スペシャル』は、住吉さんが
クリエーターとしての才能を発揮する
一つの作品なのである。


打ち合わせ風景。左から河瀬大作さん、
須藤ユーリさん。モニター内は秋山咲恵さん。

|

« その逸脱が | トップページ | 自分の中の植物 »

コメント

予め必要な情報ソースを脳中にインプットする、それがビジネスマンのみならず、どんなジャンルの仕事人にも大切なことだと思う。

単なる丸暗記とか情報の鵜呑みとは違う、ありとあらゆる「ものこと」を生きたイマージュとして脳中にとりこみ、つなぎ合わせて、ビジネスの源、あるいは創造の源とするのが、情報洪水のなかに罠が沢山ある現代社会を生き抜く為には肝要なことのひとつだと思った。

投稿: 銀鏡反応 | 2007年4月20日 (金) 23時26分

「Integrity」…誠実さや正直さって
人に何かを伝えるときに 情熱と共に
本当に大切だと思うこの頃だったので
読んでいて なんだかコメントしたくなりました。

情報が散乱している中
その情報にコントロールされずに
真実を見ることが出来るか…大切な課題です。

投稿: Junko | 2007年4月22日 (日) 14時33分

「Integrity」…誠実さや正直さって
人に何かを伝えるときに 情熱と共に
本当に大切だと思うこの頃だったので
読んでいて なんだかコメントしたくなりました。

情報が散乱している中
その情報にコントロールされずに
真実を見ることが出来るか…大切な課題です。

投稿: Junko | 2007年4月22日 (日) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55852/14783784

この記事へのトラックバック一覧です: そのような「インテグリティ」があって:

» コスメ日記 [コスメ日記]
帰って新聞の番組表見てみるかな。 今日は面白いテレビはあるかな? [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 11時27分

» リーマン復活3日目雑感 [guyberとNancyとringo134と]
リーマンに戻りまして、今日で3日目。 雑感ですが、非常にやりやすい環境だと感じております。 もうすでに職場に慣れつつあります。 昨日は2日目にしていきなり社内ネットワーク一部ダウンが発生。即時対応しました。原因はただとあるスイッチングハブの電源が抜けていただ..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 06時39分

« その逸脱が | トップページ | 自分の中の植物 »